セレコックスと相性のいい胃薬について

セレコックスと胃薬の関係とは

 

セレコックスはNSAIDsと呼ばれる痛みどめの一種です。NSAIDsにはロキソニンやボルタレン、アスピリン、イブプロフェンなどがありますが、全て非常に有名で、多くの人に利用されています。

 

このように利用者の多いNSAIDsですが、リスクもいろいろあります。その中でもっともやっかいなのが、「胃が荒れやすい」という部分です。そのため、病院でもらう場合は「胃が荒れるから」という理由で胃薬が一緒に処方されますし、市販のNSAIDsにも胃のバリア機能を高める成分が配合されていたりします。

 

もしセレコックスを服用する場合も、胃が荒れるのを防ぐために胃薬は服用したほうがいいでしょう。ただ、自宅で余っているセレコックスを服用するとか、個人輸入で入手して服用すると言った場合は、どんな胃薬がいいのか判断できません。なので、ここではセレコックスと相性の良い胃薬の種類について解説します。

 

セレコックスで胃痛が出るのはなぜ?

 

セレコックスは痛みの原因となる成分「プロスタグランジン」の発生を抑えます。しかし、プロスタグランジンには胃の粘膜を保護する機能もあるので、減少すると胃が荒れたり、胃潰瘍になったりしてしまうことがあります。 →副作用とは?腹痛や口内炎、下痢・便秘など

 

NSAIDsの中でも、ロキソニンやアスピリンは胃痛が出やすく、胃薬などの併用が一般的です。一方、セレコックスはこのような胃痛がでにくい部類と言われていますが、それでもまったく胃が荒れないというわけではないので、症状が重いようなら胃薬での対策が必要となるでしょう。

 

セレコックスとどんな胃薬を併用するのがいいの?

 

「セレコックスと一緒に胃薬を買えばいいんだ!」と安易に考えるのはおすすめできません。実は、「胃薬」と一口に言っても、さまざまな種類があり、効果も全く違うのです。適当に選んでしまうと、むしろ逆効果になったり、副作用が強くなったりするケースがあるので注意が必要です。

 

種類 代表医薬品 特徴
胃粘膜保護 ムコスタ、セルベックス、ガストロームなど 胃の粘膜を保護したり、修復したりする
H2ブロッカー ガスターなど 胃酸が出るのを抑える
プロトンポンプ阻害薬(PPI) ネキシウム、パリエット、タケプロン、タケキャブなど 胃酸が出るのを抑える
制酸薬 パンシロン、スクラート、サクロンなど 胃酸が出るのを抑える
消化促進 大田胃酸、大正漢方胃腸薬 胃を活発にして消化を早める
胃痛 ブスコバン、ストバン 胃痛を抑える

 

↑は胃薬を種類ごとにまとめた表ですが、セレコックスなどのNSAIDsによる胃痛・胃の荒れに効果があるのは色つきの胃薬のジャンルになります。

 

それ以外の胃薬については、効果がなかったり、副作用が強くなるリスクがあるので、むしろ選択はNGです。

 

まず制酸薬についてですが、市販されている制酸薬は大半がアルミニウム/マグネシウムの化合物を含んでいます。セレコックスとアルミニウム/マグネシウム製剤は併用注意となるので、できれば併用しないほうがよいです。

 

→併用注意や飲み合わせの注意点|アスピリンやマグネシウム製剤

 

↑を見るとわかりますが、併用するとセレコックスの効果が薄くなり、痛みが取れにくい事態になりやすいのです。

 

次に消化促進系の胃薬ですが、これは食べ過ぎ・飲みすぎで胃もたれを起こしているときに、胃を活発にして消化を促進するための胃薬です。胃が荒れているときはむしろ胃酸を抑えないといけないので、消化促進系の胃薬は逆効果です。

 

最後に胃痛を抑える胃薬ですが、確かに胃痛を抑えられるケースはあるものの、大切なのは胃の荒れそのものの治療です。なので、原因そのものを改善できる胃薬を選択するべきでしょう。

 

胃粘膜保護薬(ムコスタなど)

 

セレコックスなどのNSAIDsの「胃の荒れ」に一番よく使用されるのが、胃の粘膜を保護する「ムコスタ」などの胃薬となります。ムコスタには胃の粘膜を保護する効果があるのですが、具体的に言うと「胃の粘膜で作られるプロスタグランジンを増やす」という効果なのです。

 

なんども繰り返し紹介しているように、セレコックスなどのNSAIDsは痛み成分のプロスタグランジンを減らす作用があります。しかし、このプロスタグランジンは胃にとってはバリア機能として働くので、NSAIDsで減らされると胃が荒れてしまうのです。なので、減らされた分のプロスタグランジンをムコスタで補うというイメージになります。

 

ただ、ムコスタを飲んで胃の中のプロスタグランジンを増やしても、NSAIDsがどんどん減らしてしまうので、人によっては思ったように胃の荒れが治らないということもあります。とはいえ、ムコスタは比較的副作用が少なく扱いやすい胃薬なので、「セレコックスで胃が荒れないように、まずはムコスタを処方しよう」というケースはかなり多いです。

 

H2ブロッカー(ガスターなど)

 

ムコスタを服用して胃の中のプロスタグランジンを増やしても、セレコックスが片っ端から減らしてしまうことがあります。そうなると、なかなか胃の荒れが軽減しないことになります。

 

そこで次に選ばれやすいのが、H2ブロッカーと呼ばれる種類の医薬品(ガスターなど)となります。胃が荒れるのは、胃酸が胃の粘膜を傷つけてしまうからです。通常はプロスタグランジンが保護するのですが、NSAIDsを飲んでいると保護機能が劣化するので、胃が荒れてしまうことになります。

 

しかし、H2ブロッカーは胃酸そのものを抑えるので、胃のバリア機能が落ちていても胃の粘膜を傷つけにくくなります。

 

プロトンポンプ阻害薬(PPI、ネキシウム、パリエット、タケプロン、タケキャブなど)

 

胃酸が抑えられれば、胃の荒れが起きにくくなるのは説明した通りです。そして、胃酸を抑えるという意味で最強の効果を持っているのが「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」です。PPIは胃潰瘍や逆流性食道炎など、胃酸過多が原因の病気に使用されるものですが、セレコックスなどのNSAIDsが起こす「胃の荒れ」にもかなり強い効果を持っているとされています。

 

併用についてもあまり問題にならず、胃の荒れがひどいときによく同時処方されます。その証拠に、PPIのタケプロンとアスピリンを配合した「タケルダ配合錠」等の医薬品まで開発されています。セレコックスの胃の荒れについて効果最も効果が強いのがPPIでしょう。

 

どの胃薬を使えばいい?

 

セレコックスと一緒に服用するとよい胃薬について解説してきましたが、市販されているものとなるとかなり限られます。胃粘膜保護薬としてはムコスタが市販なしなので、セルベックスと成分が同じ市販薬「セルベール」などを選ぶのがよいでしょう。

 

また、H2ブロッカーのガスターはいろいろと市販薬がありますが、プロトンポンプ阻害薬に関しては市販がありませんので、市販のガスターで胃の荒れが収まらないときは医師の診察を受けるのも手です。

 

なお、ムコスタやプロトンポンプ阻害薬については、個人輸入で購入することもできます。個人輸入業者はいろいろありますが、価格の安さと安全性を考慮すると「オオサカ堂」を利用するのがよいでしょう。

 

薬品名

1錠あたりの価格(変動あり)

ページ

ムコスタ

約41円

詳細

ネキシウム

約182円

詳細

パリエット

約58円

詳細

タケプロン

約48円

詳細

 

胃薬以外の対策はないの?

 

セレコックスを服用すると、胃が荒れる場合があることは説明した通りです。その予防・治療のためにムコスタなどの胃薬が併用されるわけですが、薬以外の対策もあります。

 

まず重要なのが、なるべく空腹の状態でセレコックスを服用しないことです。これはロキソニンやボルタレンといったその他のNSAIDsでも基本とされていますが、お腹が空っぽの状態で痛みどめを飲むと胃が荒れやすくなるので、しっかりと食事をした後に飲むようにしましょう。

 

また、たっぷりの水でセレコックスを飲むのもよいでしょう。そうすればピンポイントで胃壁に薬が集中しにくくなり、全体に広がって多少はリスクが減少します。また、お湯でセレコックスを服用するのも効果的です。胃の温度があがるため、胃の粘膜が多少活発になります。

 

これらの対応をしっかりと取ったうえで、それでも胃が荒れたり痛くなるようであれば、胃薬を使うという選択をするとよいでしょう。