セレコックスで脱毛や抜け毛の心配はないの?

セレコックスに脱毛や抜け毛の心配はないの?

 

セレコックスを服用することによって、「抜け毛が増えるのではないか」「脱毛症にならない?」といった不安を持つ人もいると思います。

 

ここでは、セレコックスと抜け毛・脱毛の影響を解説します。

 

セレコックスの副作用で脱毛することはほとんどない

 

まずはじめに注目したいのが、セレコックス自体に脱毛の副作用がないかという点です。セレコックスの添付文書を見る限りでは、以下のようになっています。

 

脱毛症、光線過敏症 頻度不明

 

副作用の一覧に「脱毛症」と明記されているので、場合によってはセレコックスによって抜け毛が増えてしまうケースはあるようです。ただ、「頻度不明」となっており、非常に低確率であるということもまた事実です。

 

そして次に注目したいのが、こちらも頻度不明ではありますが、「光線過敏症」と言う部分です。

 

光線過敏症って何?

 

光線過敏症(紫外線過敏症)は、紫外線に当たることで肌が過敏に反応し、「ただれ」「湿疹」といった皮膚症状が出てしまう状態のことです。この症状はセレコックスに限らず、一部の抗生物質など広く普及しているさまざまな医薬品に見られる症状です。

 

光線過敏症を発症する原因はわかっていませんが、セレコックスを含め医薬品を服用したことによって発現することが多い症状となっています。そのため、光やレーザーを使って脱毛する「脱毛エステ」では、光線過敏症のリスクがある医薬品を服用している人の施術を断ることがあります。

 

もし症状が出た場合は皮膚科で、ステロイド外用薬などを使って治療することになります。過敏症、つまりアレルギーの一種ではありますが、原因となる医薬品を服用しなければ発症しないので、アトピー性皮膚炎とは分けて考えられています。

 

いったん発症すると、皮膚が赤く腫れたり、かゆくて眠れないといったことがあるので、太陽光の強い日に外出しないといけないときはUVクリームなどの対処が必須です。

 

光線過敏症で脱毛が起こる?

 

光線過敏症を発症すると、紫外線によって皮膚が炎症を起こし、毛根もダメージを受けることになります。その結果、脱毛が起こるといったケースは考えられます。もしセレコックス服用中に抜け毛が急に増えたという場合は、光線過敏症が原因の場合もあるので注意が必要です。

 

光線過敏症が出た場合は、セレコックスの服用をやめるのはもちろんですが、なるべく紫外線に当たらないようにする対策も必要です。帽子をかぶったり、皮膚が出ている部分にストールを当てて太陽光を遮断するなど、紫外線を物理的にシャットアウトすることが大切です。

 

一般的には、セレコックスの副作用が原因で脱毛・抜け毛が急に増えるということはほとんどありません。とはいえ、可能性がゼロではないので、あらかじめ頭に入れておいた方がいいでしょう。