セレコックスをオーバードーズ(od)する可能性

セレコックスのod(オーバードーズ)の危険性とは?

 

od(オーバードーズ)とは、通常では考えられない量の医薬品を、1回で服用してしまうことを言います。主にodが起こるのは依存性・耐性の強い医薬品で、睡眠薬や抗不安薬などでよく問題になります。だんだん効きにくくなって、効果を得るために服用量が増えていき、やがてodになってしまう……というのがよくある流れです。

 

そう考えると、セレコックスは依存性や耐性が強いわけではないので、通常はodになることは考えにくいです。ただ、「痛みに効く」という特性上、「飲んでも痛みが取れないから、もっと量を増やしてみよう」と考え、odのような状態になることはありえます。

 

また、精神疾患を治療していて、抗不安薬や睡眠薬を服用中にodに至ってしまい、たまたま手元にあったセレコックスも一緒に大量服用してしまうこともあるでしょう。

 

そのため、「セレコックス自体にodに至りやすいリスクはないが、場合によってはodになってしまうことはある」というのが現実的なところです。

 

セレコックスの致死量は?

 

医薬品の致死量については、LD50(半数致死量)という指標でデータ化されています。これは、「規定量を超えると、半数の確率で死亡する」という指標となっています。

 

セレコックスの場合は、

 

種別 LD50
ラット 2000mg/kg
2000mg/kg

 

となっており、動物実験ではおおむね「体重1kgにつき2000mg以上のセレコックスを服用すると半数が死亡」ということになります。安易に人間に当てはめることはできませんが、数値だけ見れば、体重50キロの場合は100000mg(1000錠以上)を服用しないと半数致死量には至らないことになります。

 

現実的に考えて1回に1000錠以上服用することは考えいにくいので、セレコックスのodによって死亡するケースはあまりないと言えるでしょう。ただ、逆に言えば1000錠以下の服用でも多少の死亡率はあるわけですから、絶対に死亡しないと言い切ることもできません。そのため、いずれにしてもセレコックスのodには命に係わる危険性があると考えていいでしょう。

 

odのその他のリスクとは?

 

セレコックスを1000錠単位で服用すると死亡リスクがあることはわかりましたが、問題点はそれだけではありません。

 

セレコックスをodしてしまうということは、たいていの場合その他の医薬品も合わせてodしているケースが多いです。そうなると、さまざまな医薬品のありとあらゆる副作用が降りかかってくることになります。時には、転んでけがをしてしまったり、自動車事故を起こすなんてケースも考えられます。そうなると、関係ない人まで巻き込んでしまいかねません。

 

また、何日も意識を失ったりして、後遺症が残る可能性もあります。

 

大量摂取してしまったときの対処

 

セレコックスをodしてしまった際、その後の対応は意識のある/なしで変わってきます。意識がある場合は、横になって安静にし、作用がなくなるのを待ちましょう。無理に吐き出すと、胃酸が食道を傷つけてしまうことがあります。

 

もし意識がなかったり、呼吸が浅い場合は、速やかに救急車を呼んで対処を任せましょう。場合によっては胃洗浄などの対処になることもあります。

 

セレコックスのodに至る理由は、多くの場合「痛みが治まらないから」というものになります。大量摂取しても効果がその分強くなるわけではなく、副作用などのリスクの方が大きいです。本人や家族が「用法・用量を守るのが一番大事」という意識をしっかり共有することが大切です。