セレコックスの小児・子どもの服用

子供がセレコックスを服用してもいいの?

 

セレコックスは解熱・鎮痛剤で、胃腸への負担も少ないのが特徴です。

 

主に大人に使われる医薬品ですが、「けがをして痛がっている子供に、セレコックスを使えないか」と思う人もいるかもしれません。あるいは、家に置いてあったセレコックスを子供が誤飲してしまって不安、という場合もあるでしょう。

 

ここでは、子供がセレコックスを服用しても大丈夫なのかどうか解説していきます。

 

なお、ここで言う小児・子供というのは「15歳未満の男女」ということになるので、小学生だけでなく、中学生も含みます。

 

小児・子供にセレコックスが処方される可能性はある

 

最初の疑問としては、「子供にセレコックスが処方されることはあるの?」というものがあるはずです。結論からいうと、セレコックスが処方されることはあります。

 

低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
参考ページ:セレコックス添付文書

 

添付文書上の記載は上記のとおりで、「使用経験はない」とされていますが、実際に処方されたケースはゼロではありません。

 

ただ、「安全性が確立していない」と書かれている通り、たいていの場合、安全性を考え、セレコックスの処方は避ける傾向にあります。子供に服用させるかどうかは医師の判断によりますが、一般的には子供にセレコックスを服用させるのは危険が大きいという判断になることが多いです。

 

通常は、子供の痛み止めに関しては、カロナール(アセトアミノフェン)という安全性の高い、子どもでも使える鎮痛剤を利用します。カロナールの場合小児用量も決まっており、「体重1kgあたり1回10~15mg」となっています。

 

なので、大抵の場合はカロナールが処方されるはずですが、もしセレコックスが処方された場合は「本当に大丈夫でしょうか?」と聞いておいたほうがいいでしょう。その上でOKということであれば、医師の判断なのでその通りにしましょう。

 

また、セレコックスは個人輸入で安いジェネリックが購入できますが、自己判断で子供に飲ませるのはやめたほうがよいでしょう。大人がつかう分には、用法・用量を守る前提でOKではありますが、子供の場合は安全性の面で避けるようにしましょう。同様に、ロキソニンやイブプロフェンも市販で簡単に手に入りますが、安易に子供に飲ませるのは避けたほうがいいです。

 

子供がセレコックスを誤飲したら?

 

家にセレコックスが置いてあって、子どもが勝手に飲んでしまった…というケースもあるはずです。

 

セレコックスは比較的胃腸にやさしい鎮痛剤ではありますが、大人でも副作用のリスクはある医薬品となります。なので、子どもが服用した場合は副作用のリスクはもっと大きくなります。最もありえるのが腹痛・下痢といった胃腸障害で、眠気が出る可能性もあります。

 

ただ、もし誤飲が確認できたとしても、1~2錠くらいの誤飲の場合は無理に吐かせるのはやめましょう。吐き出させてしまうと、むしろ胃酸が食道を傷つけるリスクの方が高くなります。それほど症状がないようなら、安静にさせて様子を見て、症状が長引くようなら医師の診察を受ける、というスタンスで構いません。

 

ただ、あまりにも大量の誤飲をして、異常に苦しんでいる、呼吸が浅い、意識を失ったなどの重大な症状がある場合は、すぐに救急車を呼んで対応しましょう。きちんとした胃洗浄などの対処を行うことになるかもしれませんが、それは医師の判断となります。