セレコックスがドーピング扱いになる?

セレコックスはドーピングにならない!

 

ニュースなどで目にすることも多いですが、スポーツ大会には「ドーピング検査」があり、引っかかって失格になる選手がいます。パフォーマンス向上のためにわざと禁止薬物を使う選手が多いですが、中には知らずに使ってしまった・・・なんてこともあるようです。

 

そこで心配なのが、セレコックスがドーピングになるか?という部分です。

 

 

↑は日本薬剤師会の「アンチドーピングガイドブック」の記載です。セレコックスの記載があってドキっとしたかもしれませんが、「服用可能」の一覧なので、問題ない、ドーピングにはならないということになります。

 

なので、スポーツ大会等でセレコックスを服用して出場しても、問題はありません。

 

禁止薬物の調べ方

 

セレコックスはドーピング扱いとはなりません。ただ、セレコックスを服用するということは、他に複数の医薬品を服用している可能性があります。また、おそらくありえませんが、万が一セレコックスが禁止薬物に変更になった際、知らずに使ってしまった・・・ということになる可能性もゼロではありません。

 

なので、禁止薬物を自分で調べられるようになっておいたほうがよいでしょう。もっとも正確なのは「WADA(世界アンチドーピング機関)」の最新禁止リスト(Prohibited List)を見る方法です。

 

参考ページ:World Anti-Doping Agency

 

 

一例として、人気の高いアナボリックステロイド(筋肉増強剤)である「オキシメトロン(Oxymetholone)」は、ばっちり禁止リストに記載されています。
※英語リストなので、英語名で調べる必要があります。

 

 

セレコックスの成分名はセレコキシブ(Celecoxib)なのでページ内検索をしてみましたが、ヒットしないので、OKということになります。

 

もしセレコックス以外に他の薬を服用しているのであれば、それぞれ大丈夫かどうかはその都度調べられるようになっておきましょう。